ミノリガタリ

農薬販売員が農業・食・健康について考える

農語り

台湾・高雄旅行記「農業編」

大規模でやる利点 台湾南部は基本的に「ちょっと前の日本」といった感じの街並みで、少し郊外に出ると結構大規模で農業をやっていたりします。 流石、南国だけあって移動中のバスの車窓から見ただけでも、パイナップル(写真上)、バナナ、スイカ、サトウキ…

地味にみかん県・熊本からお届け!袋掛けみかん「夢味」が新感覚

夢のような甘さ やっぱり冬はこたつにミカンでしょ。 ウチこたつないけど。 先日のデコポンに引き続き、熊本県民でも中々知らないJAれいほくの袋掛けみかん「夢味」いただきました! JAれいほくは、天草という熊本県でありながら長崎県と間違えられやすい地…

ダマされないで!オーガニック野菜の裏側

オーガニックが悪いわけではないのです 健康志向の高まりからか、「無農薬」や「オーガニック(有機)」の米や野菜、それを使った料理を売りにしているお店などを見かけます。 その事自体は悪いことではないのですが、これらの付加価値がつくとどうしても一般…

今が旬!熊本名産デコポンの選び方ときれいな剥き方

今シーズンは良作 ちょっとぶちゃいくな姿の、大玉ミカンのデコポン。 熊本県が生産日本一ィィィ! を誇ります。 冬に入って本格的な出荷シーズンが到来したデコポンですが、デコポンのでこ を見ても、おいしいかどうかわかりません・・・ でこがちゃんと出…

カワイイだけにもったいない!JA熊本経済連の「にこやか食堂」がおしい

狙いが中途半端 最近熊本県では、こんなCMが流れています。 にこやか食堂 - JA熊本経済連 にく こめ やさい かじつ 頭文字をとってにこやか食堂。 色んな農産物に力を入れている、農業県熊本ならではのCMです。 キャラクターも可愛くて、アニメCMとしてのク…

消費者として農協改革をどう見ればいいか

自民党のための農協改革 少し落ち着きましたが、少し前まで騒がれていた「農協改革」や「全農改革」。 なぜ、改革が必要なのか? 農業をしていない一般消費者にどのような影響があるのか? 結論から言うと、改革は必要ないですし消費者に影響はほとんどあり…

東国原さんがいなくなってもまだまだ元気!「みやざきコンスマガイド」が面白い!

来んね、住まんね 宮崎弁で「来てみて、住んでみて」という意味。 それを略して「コンスマ」 みやざきコンスマガイド なんだかポップな感じで楽しそうです。 個人的には、VOICE2のトマト農家新門さんのお話に興味津々です! いつか、宮崎に遊びに行きたいな…

【微グロ注意?】ニワトリの解体を生で見たら、いろいろ深く考えさせられた

命をいただいたその先に 先日参加したオーガニックフェスタで、鶏を一羽まるまる解体して食べる、「命をいただくワークショップ」に参加しました。 頸動脈を切られ、羽をむしられて、鳥から鶏肉になっていく行程を見ても、それほどショックではありませんで…

小泉進次郎はなぜ失敗したのか?

農協の逆鱗に触れてしまった 「農協改革」をブチ上げ続けてきた小泉進次郎氏の戦いは、「再考」するという形で幕を閉じました。 これは端的に言って、進次郎氏の「敗北」と言っていいでしょう。 農協関係者は何とかしのぎ切った、という安堵のため息をついて…

オーガニック初心者はまずオーガニック米を探そう!

すべては米から始まる・・・ 「オーガニック野菜」にこだわっている消費者や小売店、レストランなどをときどき見かけます。 確かに、オーガニックの野菜を探して手に入れる努力はすごいと思います。 お店とかならモノにもよりますが、安定数量を確保するのは…

農薬を使用したほうが米が腐る現象

間違いだらけの常識 一般的に、農薬は害虫や病気から農作物を守るために使用されると思われがちです。 農薬は単体では確かに殺菌・殺虫作用があります。 しかし作物の害になる菌や虫だけでなく、有用な微生物や天敵昆虫、その他の害にならない多くの生物をも…

農薬は農家や消費者のためじゃなく、関連業界のために存在する

子供でも分かる簡単な話 無農薬で米はできてしまいます。 我々農薬メーカーにはつらい事なのですが・・・ 我らが農薬工業会の切り札である資料では、 「無農薬だと、米は約3割の収量減になります」 と謳っております。 これ自体、色々とツッコミどころ満載の…

冷蔵庫内でウンコを錬成することに成功した・・・!

糞尿の錬金術師 マジで臭いw 吐き気を催す臭気・・・! ゴミになってしまう野菜くずなどを煮出して出汁を取る「ベジブロス」。 トマトの有機溶液栽培の肥料として使えるんじゃね? と思って作って冷蔵庫で保存しておいたのですが、2週間放置してたら異臭が…

JA改革は起こりえない 起こるとしたらそれはJAが潰れるとき

「JAは絶対に変らない」 2年半、仕事でJA巡りをしていて感じる感想です。 理由は主に3つ ①危機感が無い JAは 「JAがないと農業が成り立たない」 と思っています。 半分は正解でしょう。 間違いの半分は、 「JAがないと成り立たない農業に、国やJAがしてしま…

稲穂の海 黄金の波

今自分に何ができるか、何がしたいのか完全に見失っている中でも、仕事のスケジュールは容赦がない。 土曜日にもかかわらず、お客さんとのゴルフ。 もちろん、代休なんて無い。 心も体もくたびれての帰宅途中、両側には見渡す限りの田んぼ。 田んぼごとに出…

データで見る農業~「農業問題」ってホントはないんじゃないか?~

農業がわかると、社会のしくみが見えてくる 高校生からの食と農の経済学入門 記事のタイトルのようなことを考えて読みました。 正直、「社会のしくみわかる」というほどではなかったのですが、農業のしくみぐらいはちょっくらわかりました。 内容は予備知識…

無農薬で野菜ができるできない言ってる時点でみんなが食に関心がないことがよくわかる

「無農薬で作物ができるのか?」 農薬メーカー社員の立場からズバリ言わせていただくと、 「作物による」 という回答になってきます。 いや、石を投げないで。 だってそうなんですもん。 この問い自体が漠然としすぎなんです。 植物だって色々ありますよ。 …

日本は農薬使いすぎ。理由は日本人だから。

みんなやっているから、自分もやる。 という姿勢は、日本人の悪い癖の1つとしてよく挙げられる。 良くも悪くも周囲の空気を読みすぎるのだろう。 農業においても、と言うか農業においては特にこの傾向は強く、 「ご近所さんが農薬を撒いているから、うちも…

玄米から乳酸菌を増やしてみた

たくさんいる師匠の中の「農」の師匠のつてで、オーガニックに詳しい人を紹介してもらった。 僕自身はオーガニックについては、世間一般で言われている良い評価を100%信じているわけではないけど、「自分でできることは自分でやる」というスタンスには同意…

今の農業は時代遅れって、まだわからないの?

農作物に限った話じゃないけど、均質な物を大量生産して大量消費させるって時代はとっくの昔に終わってます。 これからは高品質の物は高く、低価格にできるものは徹底的に安くするっていう時代。 農業においては、なぜかその考えが全く浸透していない。 「無…

若者に農業の未来を託すのは重いので、まずは農業で若者を救う方法を考えてみる

ゆとり世代について考えた時に思ったんですが、基本的に体制側からの押し付けが酷いと思う。 ゆとり世代に叱られ方を教えるのは、それはそれで意味があるのかもしれないけれど、それと同じくらい先輩や上司の側にもゆとり世代の「叱り方」を教える必要がある…

農家の高齢化ってホントに問題だと思ったって話

いよいよ夏本番です。 甲子園も始まりますね。 震災や大雨で延び延びになっていたカボチャの収穫を手伝っていたのですが、あっつい! 朝7時から作業してたんですが、11時までの4時間で水分を2L消費するほど、あっつい。 首にかけてたタオルが汗だけで絞れる…

付加価値を高めろ!って言うけど、本質的価値を見落としてないですか?

よく聞きますよね? 「付加価値」。 「有名なデザイナーがデザインした」 とか、 「○○製法で作った」 とか。 要するに「おまけ」。 付加価値を高めろってことは、結局は「おまけ」を良くしろってことでしょ? メインは?w 農作物で言うと 「無農薬栽培」 と…

カボチャの旬って、ハロウィンの時期じゃないんだね!

カボチャを大量にもらったけど、独身彼女なしのアラサー男ではそんなにたくさん消費できない・・・! というわけで、前から気になっていた乾物にしてみました。 湿気が多い梅雨時期は難しいって書いてたけど、雨が降ったら部屋の中に入れて扇風機の風に当て…

無農薬栽培農作物=おいしい?安全安心?

本日、仕事先の方が主催する有機農業の勉強会に参加してきました。 農薬メーカー社員なのに。 勉強会の様子など、詳しいことは後日上げるとして、取り急ぎ今日は全体を通して感じた疑問を他人に投げつけたい。 みなさんは無農薬栽培とか、有機栽培とかいう言…