読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミノリガタリ

農薬販売員が農薬の是非について真剣に考えたりするブログ

そら豆の豆苗再生栽培~癒し編~

疲れた社会人のオアシス的存在 今日は帰ってから日課となった豆苗の水替えをした後、1時間ぐらいずーっと豆苗を眺めていました。 途中、 「あー、俺疲れてんのかなぁ」 とか思いましたが、殺風景な部屋の緑の一画から目を離すことができませんでした。 1時間…

玄米豆乳ヨーグルトの失敗と成功の見分け方

失敗すると固まらない 玄米豆乳ヨーグルトを作り続けて早1年。 失敗と成功を繰り返して、ようやく安定生産にこぎ着けました。 成功したか失敗したか見分ける、一番簡単なポイントは固まったか固まらないか。 通常は3~5日ぐらいすると上の写真のように容器を…

【週刊ダイアモンド続報】JAグループ京都のお米はどうなったの?

泥仕合の様相 先日業界を賑わせたJAグループ京都の関連卸業者「京山」の偽装米事件。 あれから結局どうなったのでしょうか? 一時はかなりつながりにくい状態だった京山のHP www.kyozan.co.jp ここでは2月28日現在、一連の事件についての対応が第七報まで報…

簡単節約栽培!「そら豆の豆苗」を食べて栽培してもう一回食べてみた

思ってたのより3倍簡単 先日、「そら豆の豆苗」なるものを購入。 ポリフェノールがいっぱいらしいけどそんなことは置いといて、豆苗は食べた後に根を水に浸しておくと再生してもう一回収穫できるらしい・・・! www.murakamifarm.com いわゆる水耕栽培という…

「みんなちがってみんないい」は果たしてホント?

「みんなと一緒」だからこそ安心できる事もある 個性の時代と言われて久しいですが、みんなと違う物を追い求め過ぎる事の弊害にも着目したいところ。 よく、 「初めて納豆を食べた人は偉大だ」 と言われますが、全くもってそう思います。 だって腐ってるかも…

農薬をめぐるグレーゾーン~危険とも安全とも言えない部分~

「心から安全と言い切れますか?」 農薬業界で社畜として働く僕に投げかけられたお客さんからの質問。 具体的には、 「前日に農薬を使用した野菜を自分の子供に与えられますか?」 だった。 僕は結婚もしてなければ、子供もいない。 でも、質問に 「農薬は国…

さすが週刊ダイアモンド!農業・農協に対しても真摯だわ

JA=悪だけじゃない ネットニュースでJAグループ京都の関連会社「京山」の偽装米の記事が紹介されていたので、思わず買ってしまいました。 偽装米に関しては、「やっちゃたなー」って感じなんですが、ダイアモンドはただ農業やJAの暗い部分だけを叩いてるんじ…

消費者にとっては◎?農薬の使用制限は年々厳しくなっている!

ある意味農家泣かせ・・・ 実は3年前(2014年)から農薬の残留基準に新たな項目が追加され、使用基準がさらに厳しくなっているのです。 新基準の名は 「ARfD(Acute Reference Dose)」 日本語にすると急性参照容量。 これは 「短期間(24時間以内)に摂取して…

国産=安全で、外国産=危険?いつまで昭和脳なの?

そんな話は今は昔・・・ 皆さんの幻想を打ち砕きます。泣かないでね? 安全安心とされている有機農業。 日本国内での面積は2011年時点でわずか9,000ha。 割合にして、わずか0.2%。 有機農業面積世界1位のオーストラリアは396,620,000ha。 全体の4.35%。 有…

お米を巡る悪循環〜元を絶たない限り不正はなくならない〜

ホントに賢い人は悪い事しない zasshi.news.yahoo.co.jp 先日世間をお騒がせしたこちらのニュース、業界人としてはやはり内部告発だろうと考えています。 告発した人エライ。 こういう人がいただけ、JAグループもまだ腐りきっていないんじゃないかとも思えま…

物事の長所と短所は表裏一体・・・ままならぬものよ・・・

貰い物はありがたいけどめんどくさい 農薬業界に身を置いてると、自分たちの売っている商品やその売り方について疑問が出てくるし、農業自体の存在意義なんてのも考えてしまいます。 けど、農業界自体は悪い人ばかりじゃなくて、むしろ純粋に他人の喜ぶ顔が…

お米1合作るのに使われている農薬量を算出してみた

多い?少ない? 農薬の出荷量と、水田面積、米の収穫量から算出すると、H28年産のお米を1合作るのに使われている農薬は重さにして約1.3g、H27年産では1.4gでした。 データは 農林水産基本データ集:農林水産省 と http://www.jcpa.or.jp/labo/data.html を参…

まだ「無農薬」で消耗してるの?ポジティブリスト制度と農薬中毒

時代は変わったんだよ・・・ 僕自身もそうなんですが、「農薬」と聞くとやはり体に悪い気がしますよね? これもやはりメディアの力が大きい気がします。 みなさん、「農薬が危ない」と聞くとまずは「残留農薬」のことを思い浮かべると思います。 残留農薬と…

玄米豆乳ヨーグルトは汚い?危険?じゃあ糠漬けも食べない方がいいですねw

自称専門家w 一昨年の冬から丸一年、知り合いの農家さんから分けてもらった玄米を使って、豆乳ヨーグルトを作って食べています。 はじめての玄米豆乳ヨーグルト―初心者でも簡単! ありがち失敗の解決策がわかるトラブル対策22 (主婦の友生活シリーズ) 作り方…

自己満足で「安心」を食べたいなら「JASマーク」がついたものが良いと思う

現状で一番審査が厳しい登録制度 よく見ると有機食品に付けられているこのマーク、「有機JAS規格」の食品に付けられるマークで、登録されている農作物にもつけられています。 有機JAS規格は国が認定する規格で、それに厳しい審査が必要です。 認定事業者には…

無農薬野菜がいい!とか言ってる小金持ち超ちょろいw

それでもみんな信じてしまう なぜか有機野菜や無農薬野菜がおいしいとか、健康にいいといった風潮に騙されがちですが、何をもってそんな風に思い込んでいるのでしょう? 確かに、現代科学で証明できないことはたくさんあるので、 「科学的根拠がない」 とい…

地味にみかん県・熊本からお届け!袋掛けみかん「夢味」が新感覚

夢のような甘さ やっぱり冬はこたつにミカンでしょ。 ウチこたつないけど。 先日のデコポンに引き続き、熊本県民でも中々知らないJAれいほくの袋掛けみかん「夢味」いただきました! JAれいほくは、天草という熊本県でありながら長崎県と間違えられやすい地…

ダマされないで!オーガニック野菜の裏側

オーガニックが悪いわけではないのです 健康志向の高まりからか、「無農薬」や「オーガニック(有機)」の米や野菜、それを使った料理を売りにしているお店などを見かけます。 その事自体は悪いことではないのですが、これらの付加価値がつくとどうしても一般…

今が旬!熊本名産デコポンの選び方ときれいな剥き方

今シーズンは良作 ちょっとぶちゃいくな姿の、大玉ミカンのデコポン。 熊本県が生産日本一ィィィ! を誇ります。 冬に入って本格的な出荷シーズンが到来したデコポンですが、デコポンのでこ を見ても、おいしいかどうかわかりません・・・ でこがちゃんと出…

割れた土鍋をリサイクル~簡単燻製器でローストビーフを燻してみた~

地震の爪痕・・・ 寒くなってきたので、鍋(一人)でもしようと土鍋を取り出したところ、ヒビが入っているじゃあないですか! 試しに水を入れてみましたが、ダダ漏れ・・・ 4月の震災時に床に転がっていましたが、パッと見は大丈夫だったので油断していまし…

簡単!甘柿からの干し柿

渋柿の方が手に入りにくい 最近は渋柿を手に入れる方が難しくなりましたが、干し柿にするのは渋柿でなくても大丈夫!甘柿からでもちゃんと干し柿になります! ・用意するもの 干しカゴ(写真の百均のものだと柿1/2が入ります) 柿(干しカゴの大きさに合わせ…

蒸かして切って並べるだけ!簡単干し芋の作り方

簡単おやつ 夏に作ったカボチャに続いて、いただいたサツマイモで干し芋を作ってみました! 作り方は簡単。 ①芋を蒸す ②短冊切りにする(皮を剥くかはお好みで) ③干しカゴに並べて干す 以上です。 カボチャと違う点は、一回蒸かし芋にすること。 レンジでゆ…

サボりの唄

毎日毎日、目標もないのに何をしてるんだろう俺は。 今日は久々に仕事をサボってしまった。 これぞ営業マンの強み。 直行直帰の真実。 ・・・まあ、サボって何してたってわけじゃないけど。 大量にもらったミニトマトでトマトジュース作って飲んでた。 右側…

カボチャの旬って、ハロウィンの時期じゃないんだね!

カボチャを大量にもらったけど、独身彼女なしのアラサー男ではそんなにたくさん消費できない・・・! というわけで、前から気になっていた乾物にしてみました。 湿気が多い梅雨時期は難しいって書いてたけど、雨が降ったら部屋の中に入れて扇風機の風に当て…