読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミノリガタリ

農薬販売員が農薬の是非について真剣に考えたりするブログ

よく考えたらわかることなのに、なぜか多くの人がしていないこと

社会人になって早2年。

 

学生時代よりも、

本を読みたい!

という気分は高まっているものの、学生時代よりも読む時間は減る一方・・・

 

このジレンマ、どうしてくれよう。

 

ただ、社会人になったからこそ面白いと感じるものも増えた。

 

ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか? (講談社+α新書)

ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか? (講談社+α新書)

 

こんな本も、研究研究で視野が狭かった学生時代の自分なら読まなかったはず。

 

「ナポレオンの村」

という、唐沢寿明さん主演のドラマの原案本。

 

前例やそれまでの常識を捨てて、「挑戦」することがいかに大事かを教えてくれる。

 

多くの人は

「そんな冒険して、失敗したらどうするんだ」

と言わないまでも、どこかそんな風に思っている。

 

「そんなことない!」

という人も、実際は無難な道を歩みがち。

 

ただ、みんな勘違いしてるのは冒険してもしなくても、失敗するときは失敗するということ。

 

不幸は向こうからやってくるのです。

 

どうせ失敗するなら、挑戦したほうがお得でしょう?

やり方次第では成功することもあるし。

 

何よりも「行動」すること。

その大切さを教えてくれる1冊でした。