読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミノリガタリ

農薬販売員が農業・食・健康について考える

何も持っていないという強み

生まれながらに何かを持っている者をたいていの人は羨ましがる。

 

だが、その人は本当に幸せなのだろうか?

 

仕事柄、農家の人たちによく会う。

 

今でも農家になりたいと心のどこかで思っている僕からすると、農地を持っている農家はちょっとだけ羨ましい。

 

ただ、よく農家から聞くのは、

「わしら農地があるけん、ここから離れられん。サラリーマンはどこでも行けてええのう。」

という言葉。

 

ナルホド、他人から見れば羨ましいと思うような物でも、本人にしてみると足枷になるという事か。

 

家族だってそうかもしれない。

 

家族がいないという人は、一見すると不幸なように見えるけど、身内の世話などのことを考えると、案外自由でいいのかもしれない。

 

・・・まあそんな風になったことが無いからわかんないけど、そういう風に考えることもできる。

 

金や肉体、教育なども同じかもしれない。

 

誰も親や生まれる環境は人は選べない。

 

そういうものを「運命」っていうのかもしれない。

 

ただ、「これから」は変えられるはず。

 

生まれた環境はもう「過去」でしかない。

 

その過去と決別することができれば、運命に縛られることもない。

 

結局は自分が何を選ぶかという事。

過去を振り切る勇気と力があるかという事。

 

なぜ振り切ることができないかというと、たぶんその「生まれた環境」ってやつにも未練があるから。

 

土地に縛られているという農家も、親なんて邪魔だという反抗期の中学生も、その土地や親の恩恵を受けてきたから。

 

もしかすると、手放すのが怖いのかもしれない。

そんな未練タラタラで、怖がりな人たちも嫌いじゃない。

 

現状を受け入れるにも、過去を振り切って新しいことに挑戦するにも、程度の差こそあれ「覚悟」が必要だと思うから。