読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミノリガタリ

農薬販売員が農薬の是非について真剣に考えたりするブログ

ゆとり世代は色んなところで差別を感じている

「普通」が正しいとは限らない!

「ゆとりですがなにか」

ってドラマがありましたね。

 

まあ、見てないんだけど。

 

ただ、「ゆとり世代」と言われるたびに、

「そうだけど?何?」

って気持ちにはなる。

 

今、色んな企業でゆとり世代向けに「叱られ方研修」

なるものが行われているらしい。

 

もちろん、うちの会社でも近々開催予定。

 

ゆとり世代は叱られ慣れておらず、精神的に弱い面がある」

ので、必要な研修らしい。

 

これ、全社一斉に配布された文章だよ…

ドン引きしましたよ。

 

ゆとり関係なくない?

 

精神的に強いとか弱いって、もはや個人の差でしょう?

 

これって社会の中で立場的に弱い若者に対する差別ですよね?

 

なんで問題になんないの?

 

こういう事言ってると、

「これだからゆとりは…」

ってまた言われるんでしょうね。

 

もう慣れたからいいけど。

 

僕らは自ら選んでこの世代に生まれたわけじゃないし、望んでゆとりの義務教育を受けたわけじゃない。

 

だって「義務」だったんだもん。

 

確かに同世代の奴の中でも、

「コイツ、ダメなやつだな〜」

って思う事はある。

 

でも、そんなものはどの世代でもあるわけですよ。

 

たぶんみんな、何か特定の名前のあるものを攻撃したいんだろうね。

 

ホントに寂しいわ。

 

社会全体がおかしいって事に気付くべきだと思いますよ。