ミノリガタリ

農薬販売員が農業・食・健康について考える

日本は農薬使いすぎ。理由は日本人だから。

みんなやっているから、自分もやる。

 

という姿勢は、日本人の悪い癖の1つとしてよく挙げられる。

 

良くも悪くも周囲の空気を読みすぎるのだろう。

 

農業においても、と言うか農業においては特にこの傾向は強く、

「ご近所さんが農薬を撒いているから、うちも撒く」

 

「みんなが田植えを始めたから、うちも始める」

 

といったことが当たり前になっている。

 

周りと同じ事をやる事で、安心したいの。

 

失敗した時の言い訳が欲しいの。

 

「農協がやれって言ったからやったのに失敗した」

って言いたいの。

 

この傾向は、特にお年寄りにおいて顕著。

 

情報は古いわ、良くも悪くも日本人的だわで、

「農薬使うのが当たり前」

「みんな同じが当たり前」

なの。

 

んでもって農業なんて6割以上が65歳以上の高齢者なんだから、

「長い物に巻かれろ」主義の人たちはいつまでたっても農薬や農協から脱却できない。

 

今の農業とそれに付随するマーケットは、お年寄りに支えられているの。

 

決して農薬、肥料が必要なんじゃない。

 

そんな風に成り立っている「国産農産物」がなんで安全安心って言いきれるの?

高品質って言いきれるの?

 

「みんながそう言ってるから」?

 

誰か教えておくれ。