読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミノリガタリ

農薬販売員が農業・食・健康について考える

無農薬で野菜ができるできない言ってる時点でみんなが食に関心がないことがよくわかる

「無農薬で作物ができるのか?」

 

農薬メーカー社員の立場からズバリ言わせていただくと、

「作物による」

という回答になってきます。

 

いや、石を投げないで。

 

だってそうなんですもん。

この問い自体が漠然としすぎなんです。

 

植物だって色々ありますよ。

 

動物が色々あるのと同じです。

 

「植物」でひとまとめにしちゃうのは、「動物」のくくりでカエルとヒトを同じように扱うようなものなのです。

 

稲や麦なんかの穀物、トマトやナスなどの果菜類、キャベツなどの葉菜類、果樹にイモなどの根菜類など、作物によって生育の仕方は様々。

 

それぞれ必要な栄養もちがうし、かかりやすい病気もちがう。

 

これまで現場で見てきた中では、コメが日本の風土には合っているようで、無農薬でも有農薬でもそれほど大差ない収穫が得られています。

もちろん、コツはいるみたいですが。

 

自分や、大切な家族の食べるものです。

 

メディアの情報に流されず、自分で色々調べてみてはいかがでしょうか?