ミノリガタリ

農薬販売員が農業・食・健康について考える

稲穂の海 黄金の波

今自分に何ができるか、何がしたいのか完全に見失っている中でも、仕事のスケジュールは容赦がない。

 

土曜日にもかかわらず、お客さんとのゴルフ。

もちろん、代休なんて無い。

 

心も体もくたびれての帰宅途中、両側には見渡す限りの田んぼ。

 

田んぼごとに出来の良し悪しはあるものの、田んぼ中に目一杯実りをつけた穂が風に揺られていた。

 

「この辺は地震と水害の両方の被害を受けたはずなのに、よくできたな~」

 

なんて思っていると、涙がにじんできた。

 

地震がおきてしばらくは忙しさで不安なんて感じる暇はなかった。

 

もうしばらくすると、先行きの不透明さから徐々に不安になっていった。

 

これからどうなるんだろうか。

 

眠ればまた地震が起きて、二度と目覚めないんじゃないだろうか。

 

根拠のない不安でいっぱいだった。

 

数か月前の、あの時の自分にこの風景を見せてやりたいと思った。

 

地震が起きても、水害に遭っても、稲は立派に穂をつけた。

 

あの頃は信じることができなかった「未来」が形になって目の前に現れた。

 

毎年見る風景が、今年は一番美しく見えた。

 

刈り取りまでに間に合うなら、写真を撮りに行こう。

 

気が早いけど来年も再来年も、種と土に希望を込めて、未来の稲穂が見られますように。

 

農業に未来がありますように。