読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミノリガタリ

農薬販売員が農薬の是非について真剣に考えたりするブログ

自分の道を自分で決めるな

道なき道をゆく

 

「自分の生きる道は自分で決める」

というカッコイイセリフがありますが、それは自分の限界を決めてしまっていて、自分自身を縛り付けているという事に最近気が付きました。

 

自分で自分の「道」を決めてしまうと、ともすればその道から外れる行為を「邪道」と決めつけてしまうようになります。

 

猪木じゃないですが、まず「道」があるんじゃなくて自分が通った跡が「道」になるという気概で生きていかないと、自分で自分を不自由にしてしまいます。

 

確かに他人が通った「道」を通るのは楽です。

その人のところまでは道が続いているわけですから。

 

でも、それじゃワクワクしないんです。

先が見えてるから。

 

あと他人が通った「道」を行こうとすると、もしうまくいかなかったときにイライラします。

先が見えてるのにたどり着けないからです。

 

一流の人ほど、自分の道を自分の力で切り開いているのでその人のあとをついていってもうまくいきません。

 

その人の道はその人専用の道だからです。

 

もしあなたが誰かの後を追ってすぐに追いついてしまうようなら、その人が二流か、あなたが天才かどっちかでしょう。

 

どちらにせよ、あんまりワクワクはしません。

天才の方、ドンマイです。

 

最近、いろいろ悩んで苦しかったのですがこのことに気付いてから少し気持ちが楽になりました。

 

なので、これからは思うように行動して、ワクワクする方向に進んでいこうと思います。

 

たぶん、すごく曲がりくねった道になると思いますが・・・