読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミノリガタリ

農薬販売員が農業・食・健康について考える

司馬遼太郎でキュンとくる?!「功名が辻」1巻が戦国ラブストーリーだった

戦国胸キュン小説

 

功名が辻(一) (文春文庫)

 

歴史小説はおっさんの読み物だと思っていませんか?

 

確かに、今時「胸キュン」なんて行ってる時点で僕はおっさんなのかもしれません…

 

が、この「功名が辻」という小説には紛れもなく、現代恋愛小説には無い爽やかな甘酸っぱさがあります。

 

時は戦国、後に土佐の大名まで上り詰める山内家を作った山内一豊の青年期。

 

一豊のもとに嫁いできたのは、綺麗で気の利くお千代さん。

 

武士の家に嫁いだからには、なんとしてでも夫を一国一城の主にしてあげたい千代。

 

あの手この手で夫を助け、影に日向に一豊を支えていきます。

 

それに応えるため、凡人一豊も千代を思う一心で武功を立てて出世していきます。

 

 もうね、千代のために実力以上の力を発揮する一豊が可愛すぎて…!

 

千代も上手く夫をコントロールしてるかと思いきや、きっちり女の子の部分があるっていうのがツボでした。

 

恋敵とかが出てきてモヤモヤする展開では無いんですが、純粋に2人を応援したくなります。

 

週刊少年ジャンプで連載してたサムライうさぎに通じるものがありました。

 

アレもなんで打ち切りになったのかわからないぐらいの、サムライ胸キュン小説でした。

 

サムライうさぎ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)