読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミノリガタリ

農薬販売員が農業・食・健康について考える

同い年合気道家が分析する〜なぜ体液をぶっかけてしまったのか?〜

体液ってなんでしょうかねぇ(ゲス顔

 

昨年末に合気道界では有名になった、このニュース

 

女性の顔に体液付けた疑い 合気道指導職員の男逮捕 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

 

 面識のない女性の顔や髪に体液をなすり付けたとして、警視庁杉並署は20日までに、暴行の疑いで東京都杉並区和田、団体職員の男(28)を逮捕した。「ストレスが重なっていた」と容疑を認めている。

 杉並署などによると、容疑者は合気道の道場を全国に展開する公益財団法人合気会の職員で、本部道場(新宿区)の指導者。

 

…やっちゃったなぁ…

 

こういう、イメージで商売やってる我々のような業界の人がこんなニュースになってはいけません。

 

ただでさえ武道の世界では弱い立場である合気道がますます偏見の目で見られることになりますよ。

 

 28歳で四段となればかなりの腕前と言えるでしょう。

 

ちなみに僕は28歳で弍段なので、単純に言って倍ぐらい実力が違うのでしょう。

 

仕事をしながら真面目に稽古していると、大体僕ぐらいの実力がフツーだと思われます。

 

では、なぜそんな優秀な指導員がそのようなふしだらな行為に走ってしまったのか?

 

理由は

①業界のしがらみ

②稼げない

③モテない

の3つが考えられます。

 

まず①業界のしがらみ。

 

これは合気道界に限ったことではないですが、自分より実力が無いと思う人がキャリアや年齢だけで偉そうにしているとストレスが溜まるものです。

 

特に若くしてそこまで登りつめた人間からすると、そのような事も多いでしょう。

 

さらにこの業界、実力の判定が曖昧なんです。

 

試合などで優劣を決めることが目的ではない。

 

としているので、実力の有無はわかる人にしかわかりません。

 

特に上の方に行けば本当にわからなくなってきます。

 

そして②稼げない。

 

実力があると言っても、所詮はマイナー武道。

 

四段では自分の道場も持つこともできないので、合気道の収入だけでは食べて行けません。

 

おそらく、バイトをするか親元からの支援に頼っていたはずです。

 

僕の兄弟子は道場を開くことを許されましたが、それでも最初はバイトと奥さんの収入で生活していました。

 

先行き不透明な生活に不安を覚えていたことでしょう。

 

そして③モテない!

 

僕自身もよく言われるんですが、

合気道は女子が多いからモテるでしょ」

という偏見。

 

全然です!泣

 

そもそも合気道は体力の有無に関係なく稽古ができる。

と標榜しているので、階級制度もなければ年齢制限もありません。

 

おじいちゃんと稽古をする事もあればピチピチのJKと稽古する事もあります。

 

そんな中でいちいち異性に反応していたら稽古になりません。

 

そのため稽古仲間としてしかお互いを見る事が出来なくなり、よほどのことがない限り恋愛対象には昇格する事はありません。

 

今回の事件の容疑者は18歳の時から10年間、合気道一筋だったそうで、そんな人に稽古以外で出会いがあったとは思えません。

 

きっと恋愛関連で悲しい出来事があり、それが引き金になって今回の犯行に及んでしまったと察しています…

 

人ごとじゃないけど。

 

若い才能がこんなしょうもない事で潰れていくのは見たくないですが、一度こんな事件を起こしてしまったら合気道の指導員には戻れないでしょう。

 

一緒に稽古する女性は嫌だろうし、男でもなんか嫌ですもん。

 

何より、被害にあった女性からしたら合気道自体聞きたくもない単語になるでしょうし…

 

今は反省して、再犯しないように心を強く持って下さい。