読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミノリガタリ

農薬販売員が農薬の是非について真剣に考えたりするブログ

国産=安全で、外国産=危険?いつまで昭和脳なの?

「普通」が正しいとは限らない! 農語り 食べ物語り

そんな話は今は昔・・・

 

皆さんの幻想を打ち砕きます。泣かないでね?

 

安全安心とされている有機農業。

 

日本国内での面積は2011年時点でわずか9,000ha。

割合にして、わずか0.2%。

 

有機農業面積世界1位のオーストラリアは396,620,000ha。

全体の4.35%。

 

有機農業率世界1位はイタリアで、その割合は8.6%。

面積は1,097,000ha。

 

危険なイメージのある中国ですら、有機農業率は0.4%。

面積にして1,900,000ha。

 

大量の化学農薬を使ってるイメージのあるアメリカでも、有機農業率は0.6%。

面積は1,949,000ha。

 

単純に面積だけで言うと、中国、アメリカは日本の200倍強。

 

オーストラリアに至っては、約44,000倍の面積で有機農業をやっていることになります。

 

もちろん、全体に占める有機農業の割合でも負けています。

 

有機農産物だけに焦点を絞れば、日本よりも諸外国の方が圧倒的に安全安心なのです。

 

これで国産=安全安心、有機農産物=安全安心という図式がいかに間違ったものであるかがわかっていただけるでしょうか?

 

・・・まあこれも所詮数字上だけの話で、国によって作物も違えば気候も違います。

 

しかし、今回僕が数値によってはじき出した結論が信じられない人は、今一度自分が信じている神話の根拠を確かめてみて下さい。

 

おそらく、なんの根拠もなく信じてしまっていることに気付くはずです。

 

世界情勢はどんどん変わりますし、科学も進歩していきます。

 

それに伴って農業も進化していきます。

 

いつまでも古い情報にとらわれていると、簡単に足元をすくわれますよ。

 

こんなこともありましたしね。

 

otonachallenge.hatenablog.com