ミノリガタリ

農薬販売員が農業・食・健康について考える

ヒーローの秘密結社?!UFOや古代文明を話題にした怪しい講演会に参加してきた

UFOはまだ信じられないが

 

先日、UFOとか霊的なものの存在を信じる人たちのいかにも怪しげでオカルチックな会合に参加してきました。

 

こういう会合は、主催者の自己満足か怪しい商品を売りつけられるか、はたまたびっくりするぐらい高額な参加費を徴収されるかのいずれかだと思っていました。

 

しかし、この講演会では参加費は3000円。

 

主催者の自慢話もなし。

 

怪しい商品も一切売りつけられず(3回目の参加だがいまだに幸せのツボが出てくる気配なし)。

 

会合の詳しい内容は伏せますが、正直言って

「こんな講演会を開いて主催者に何の得があるんだろう?」

という状態。

 

さらにいうと、講演会の中身が中身なだけに活動を公にしてしまうとご近所や職場から白い目で見られてしまう。

 

なんでそのような活動をするのか?

 

彼らがいうには

「地球・人類の未来のため(ざっくり)」

なんだとか。

 

公表はできないけど、ある人は危険を冒してまで活動しているとのことで、僕からすると全く行動原理が理解できなかった。

 

だって活動範囲が冬の北海道から夏の沖縄ですよ?

 

普段は普通に仕事してるんですよ?

 

パッと見、フツーのおっつぁんおばつぁんなんですよ?

 

正直僕はUFOや霊的な感性が全くゼロの無能力者なので、スピリチュアルな能力に選ばれてしまった人たちの使命感みたいなのは全く分かりません。

 

彼らの活動が正しいのかトンチンカンなのかは僕には判断できません。

 

お金のためでもなく、名誉のためでもなく、自分の生活を犠牲にしてまで他人からは理解できないような活動に使命感を持って従事する。

 

よくわかりませんが、そこには「情熱」や「正義」といった崇高な何かがあるような気がしました。

 

誰かと殴り合ったりはしないけど、彼らのような存在をヒーローと呼ぶのでしょう。

 

新・ほんとうがいちばん

ヒーローたちのブログです。

 

正直、とっても怪しいですw