ミノリガタリ

農薬販売員が農業・食・健康について考える

【騙され注意!】推奨する人は絶対言わない、ビットコインの裏側

スゴイ技術に隠れた落し穴

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

 

ネット上の、特にフリーランスで活躍している方々の間で話題の「ビットコイン」。

 

僕の周りでもブログ+農業や自給自足の生活スタイルを目指している人たちが興味を持っていて、初歩的な事は分かっていて当たり前という雰囲気。

 

なので、本当に今さらながら

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

で、勉強してみました。

 

非常にわかりやすくビットコインブロックチェーンの特徴、歴史、現時点で利用できるお店、そしてこれからの展望がまとめられていて、入門書としては良い本だと思います。

 

ただ個人的に、ビットコイン自体については現状はあくまで株やFXなどと同様「投資」目的でしか利用場面がないと感じました。

 

利用できるお店などは日本ではまだ少なく、通貨としてはまだ未発達としか言えません。

 

「中央でコントロールしないので特定の国や機関の思惑で通貨価値が左右されない」

事が売りのようですが、そもそもそれは現状で国や機関が関与するほどの量が流通していないからです。

 

また逆に今後流通量が増えてくると、ブロックチェーンの要である「承認」に時間がかかります。

 

実際につい先月には「承認」の処理速度が追いつかないために、ビットコインの分裂騒動

ビットコイン分裂にまつわる3つの疑問をまとめて整理:モバイル決済最前線 - Engadget 日本版

 が起きており、通貨としての価値はまだまだ安定しているとは言えません。

 

今後これはPCの機能向上によって改善されていくとは思われますが、「取引所」の思惑にも注意しなければなりません。

 

ビットコインには中央組織が存在しませんが、ビットコインを売買するための取引所は存在します。

 

今でこそ取引所の持つ力は小さなものですが、今後みんながビットコインを求めるようになると取引所の力が増していく事は言うまでもありません。

 

いくつかの大きな取引所が組合や協会などをつくってしまえば、結局それが中央組織のようになってしまうので、せっかくのブロックチェーンの利点も半減してしまいます。

 

残念ながら、ビットコインの普及にはまだまだハードルがあります。

 

しかし、これらの問題点は既存の通貨ではもっと大きな問題になります。

 

当然です。すでに中央組織があり、不正も横行しているのですから。

 

ビットコインの利点や欠点を過剰に煽る人が二極化しており、それに惑わされて極論に走ってしまう人が多いように感じます。

 

実際僕も極論を行ったり来たりして、今やっと中立派ぐらいの立ち位置に来たと思っています。

 

現状でビットコインをに手を出すなら、

  1. 余剰資金で
  2. リスク分散目的で

利用するのがベターでしょう。

 

イメージとしては「日本円が暴落した時の為のドル建て貯金」

みたいな感じでしょうか。

 

どんな通貨にもリスクはつきもの。

 

極論に惑わされず、自分で勉強して自分の意志でお金を使いましょう。