ミノリガタリ

農薬販売員が農業・食・健康について考える

「剣聖」って職業も大変だな…と、宮本武蔵を身近に感じれる小説。

新装版 真説宮本武蔵 (講談社文庫)

新装版 真説宮本武蔵 (講談社文庫)

 

マンガやアニメやドラマで知っているつもりになっていた「宮本武蔵

 

そんな武蔵像を壊し、新しい武蔵像を示してくれる小説でした。

もう昔の小説なのに。

 

本書は短編集で、主に江戸期の剣士達について書かれている。

有名どころでいうと、宮本武蔵千葉周作

 

表題作の「真説宮本武蔵」では、

「武蔵って実は言われてるほど強くなかったんじゃね?」

ってところから検証が始まっている。

 

敢えてタブーに踏み込んだというか、読者に媚びないのが司馬歴史小説

 

それだけにリアルな武蔵像になっております。

 

この本だけじゃなく、司馬遼太郎さんの小説はとってもリアル。

なので、

「あ、偉人でもこんな失敗するんだ」

とか、

「こいつの性癖引くわー」

と言った感じで、歴史上の人物を身近に感じることができる。

 

それでも歴史に名前が残ってるんだから、凄いのは凄いんだろうけど…

 

この司馬歴史小説が古本屋では100円で手に入るのは、嬉しい反面何だか寂しい気持ちもする。

皆さんも武蔵を身近に感じてみてはどうでしょう?