ミノリガタリ

農薬販売員が農業・食・健康について考える

妻に愛人の世話されるのってどんな気持ちなんだろう…功名が辻3巻は千代のかかあ無双

現代風戦国ホームドラマ

 

功名が辻(三) (文春文庫)

功名が辻(三) (文春文庫)

 

一豊様、完全に手綱握られてますやん…

 

1巻と2巻では、まだ輝きを見せていた山内対馬守一豊。

 

3巻では主人公(仮)です。

 

3巻の主役は完全に千代様。

 

主人の留守中は家臣団を指揮したり、主人自身に指示したり、果ては主人の愛人探しにまで奔走します。

 

家臣ももはや、一豊よりも千代のいう事を優先させるような勢いです。

 

やはり、いつの世も家庭でも家庭では女性の方が強くなってしまうのでしょうか?

 

男としては切ないです…

 

千代様のすごいところは、自分ができる女だと自覚していながらも決して一豊よりも出しゃばらないところ。

 

どんな時にでも一豊を立てて、家臣団にもそう言い聞かせます。

 

女性に限らず、本当に出来る人は違いますね。

 

千代様は本当にいい女です。

 

物語的には上司の秀吉が死んで、大混乱の時期。

 

一豊は千代と相談して家康方につく事を決意します。

 

大阪で留守を守っていた千代はあわや石田方の人質に取られかけます。

 

当時最強と言われていた上杉軍との戦闘を前にしていた一豊は、自身の戦力低下を覚悟して優秀な部下を千代救出に向かわせます。

 

ここ、一豊がかっこいい場面です。ほぼ唯一。

 

最終第4巻で、果たして千代は大阪を脱出できるのか?

 

ついでに、「真田丸」でやってたから大体わかるけど、秀頼擁する石田・上杉方と一豊属する徳川方どっちが勝つのか?

 

続き物は終わりに近づくのが寂しいですね。