読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミノリガタリ

農薬販売員が農薬の是非について真剣に考えたりするブログ

自己満足で「安心」を食べたいなら「JASマーク」がついたものが良いと思う

農語り 食べ物語り

現状で一番審査が厳しい登録制度

 

f:id:otonachallenge:20170206012357p:plain

 

よく見ると有機食品に付けられているこのマーク、「有機JAS規格」の食品に付けられるマークで、登録されている農作物にもつけられています。

 

有機JAS規格は国が認定する規格で、それに厳しい審査が必要です。

 

認定事業者にはそれぞれ番号が割り振られており、農水省のHPで番号順に認定事業者が公表されているので、そう簡単には悪い事はできません。

 

有機JASでは天然物に限って、農薬を使用することができますが、その生物農薬がどのように製造されたかも書類で提出する必要があります。

 

そのため、有機JAS認定農家さんの申請時期には、我々農薬業界の人間も書類作成に励みます。

 

ただ、この有機JAS規格は「環境への負荷をできるだけ軽減した栽培方法」で生産された農作物に与えられており、健康については一切の記述がありません。

 

まあ、有機農産物=健康っていう根拠がないんだから当然ですよね。

 

気になる方は農水省ガイドラインなどを見て調べてみて下さい。

有機食品の検査認証制度:農林水産省

 

まあ、めんどくさくて読む気なくなると思うけど・・・

 

検査とかの厳しさで安全・安心を測るなら、現状ではこれが一番良いのではないでしょうか。