ミノリガタリ

農薬販売員が農業・食・健康について考える

生きる意味について本気出して考えてみた。

被災してから1ヶ月。

 
本当に死ぬかと思ったし、もしもう一発でかい余震がきたら今度こそ死ぬかもしれないと思うと、
「俺の人生このままでいいの?」
とか、
「今日死んで後悔しないか?」
とか、色々と考えるようになった。
 
結論から言うと、
「絶対後悔する」
と思った。
 
死ぬ事が怖いと初めて思ったし、そう思った自分が新鮮だった。
 
日本にいる限り、いつ地震に遭ってもおかしくない。
今回の熊本地震で、地震の予測なんてクソの役にも立たないって事も分かった。
 
生きてる間にやりたい事やろうと思ったけど、
「コレだ!」
っていうものって案外出てこない。
 
こういうのって学生の時に見つけておくべきだったのかな…
と、少しだけ反省。
 
ポジティブに考えると、こういう事を考える機会ができてよかったのかもしれない。
 
とりあえずは元気ですよ。